ワンピースを久しぶりにみたら…

Posted on

最近ワンピースを以前から見ていたのに途中から見なくなっていた箇所をDVDを借りて見ていました。

魚人島の話です。

いつもボーッとして面白いなぁと思っていたワンピースだったのになんだかいつもと違い真剣に尾田さんが創った作品として見てしまっている自分がいました。
魚人島の話は人間と魚人の差別と迫害の価値観や怨念や恨みに対しての考え方だったりを改めて感じて涙しながら見るはめに。
ストーリーがちゃんと繋がっていて、必要なキャストがそれぞれちゃんと意味があって存在していて、改めて尾田さんの熱い情熱と、とっても温かい愛情に涙です。

誰だって誰かを恨んだり憎んだり、頭じゃわかっているけど心が言うことを聞かなかったりする時ありますよね。赦す事が出来ずに足掻いて自分も他人も未来も傷つけてしまう今の自分にとても心にしみたお話でした。「傷つけても傷つけられても流れる同じ赤い血」という言葉が刺さったなぁ。